まずは道具を揃えよう!ルアーフィッシング初心者に必要な道具はこれだ!

こんにちは。MemorialFishのKazheyです。

釣りを始めたい!と思った時に、「何を買ったらいいんだろう…」というのが、初めに頭に浮かぶのではないのでしょうか。

今日は、ルアーフィッシングに必要な道具をご紹介します。

この記事に書かれている道具は、どんなルアーフィッシングでも共通して必要なものになりますので、持っておくと良いでしょう。

 

この記事を読めばこんな事が分かる!

・ルアーフィッシングで使う必要最低限の道具が分かる。

・初心者に最適な釣り竿とリールが分かる。

・必要な道具の選び方が分かる。

 

Sponcored Link

まずはこれを揃えよう。最低限必要な道具とは?

ルアーフィッシングと言っても、釣る魚によって揃えるものは微妙に違うものがあります。

まずはこの記事を参考に必要最低限の物をピックアップして、あなたの狙いたい魚に合わせて道具を揃えるようにしていきましょう。

釣り竿(ロッド)&リール

釣り竿の事をルアーフィッシングではロッドと呼びます。

リールは、ルアーを投げたり、ハンドルを回して回収する際や、魚とのやり取りを行際に使います。

まずは、あなたの身近な池や海などで、狙える魚や釣りたい魚がいれば、それに合ったロッドを選びましょう。

リールは、バスフィッシングでは主にスピニングリールとベイトリールと言う2種類のリールを使い分けますが、その他のルアーフィッシングでは、スピニングが主に使われております。

これから釣りを始める方の場合、まずはスピニングリールで釣りを覚えてみてください。

 

投げるルアーや釣り場のシチュエーションによって、ロッド長さや硬さは様々です。最初の一本として最適なロッドとリールのセットを、以下の記事にまとめましたので、ご覧ください。

ここでは、身近に狙えてかつ人気のターゲットを選び、まとめてあります。

 

糸(ライン)

フロロカーボン、ナイロン、PEと素材は様々。

糸(ライン)は素材別に、主にナイロン、フロロ、PEとありますが、初心者はナイロン一択です。以下の記事に糸について説明がありますが、ここでは理由抜きにナイロンをオススメします。

糸の強さも様々で、狙いたい魚やリールに合わせて強さを選ぶことが大切です。

糸の強さは、●●ポンド(LB)と表記されており、太さは〇〇号と表記されております。

リールに表記されているポンド数、もしくは号数に合わせてラインを購入し、初めのうちは釣具屋さんでラインをリールに巻いてもらうとよいでしょう。慣れてきましたら、自分でまくのに挑戦してもいいかもしれません。

5LB=糸の強さ。
#1.25=糸の太さ。

初心者にオススメのラインはナイロン一択!まずは糸の扱いに慣れよう。

2019年5月18日

ペンチ

釣り専用のものを選ぼう。

 

ルアーを釣れた魚から外したり、針(フック)をルアーに付けたり、糸を切るラインカッター代わりにペンチを使うことがあります。百均や工具用品売り場でもペンチは見かけることがありますが、釣り具屋さんで釣り用のペンチを選ぶようにしましょう。

ラインカッター

爪切り状のものと、小さなハサミ状のものがあります。比較的安価なので、好きなデザインのものを選びましょう。

ルアー

魚に似たものから、似ていないものまで様々。

ルアー選びも釣りの楽しさの一つです。ターゲットや季節によって必要なルアーが変わります。少しずつ、揃えていきましょう。

タックルボックス・ルアーケース

収納するもののサイズ別に、専用のものが売られている。

ルアーやフック、オモリ(シンカー)、ルアーとラインを繋ぐスナップ等を整理するためのケースも必須道具です。

ルアーの大きさに合わせて揃えておくとよいでしょう。

バッグ

釣具屋さんで売られているものは、小分けにされていて使いやすい。

 

陸から魚を狙うオカッパリではバッグは必要不可欠な道具の一つです。

疲労度の少ないヒップバッグや、シーバスフィッシングではライフベスト一体型のフローティングベストがオススメです。

予備フック・ライン

無くしたら、試合終了です。

いくらロッドやリールが高級なものでも、フックやラインがなくては釣りになりません。バッグに必ず、予備のフックやラインを常備するようにしましょう。

怪我防止・安全対策に必要なもの。無くても釣りは出来ますが、身体や命を守るために必要です。

帽子

ツバ付きの物は日光や街頭をさえぎり、ギラつきを抑えることが出来る。

 

針がむき出しのルアーを投げるルアーフィッシングは安全上、帽子は必須アイテムです。熱中症の防止や、日差しを防ぐ為にも、つば付きの防止がオススメです。ご自身に似合う帽子を選びましょう。

偏光グラス

帽子と同じく、目を守る上でも必要なアイテムです。特に偏光グラスは、日中の水面のギラつきを抑え、水中がよく見えるようになるので大変オススメのアイテムです。

まずは薄い緑系の偏光グラスを選ぶとよいでしょう。

 

ライフベスト

船釣りでは特に必須のアイテムです。また、防波堤やテトラ、磯など足場の悪い海辺では、ライフベストの有無が生死を分けることがあります。

特に幼いお子様がいらっしゃる方は、どんな時でもつけさせて、釣りを楽しみましょう。

フィッシュグリップ

 

魚をキャッチしたときに、針を自分の手に刺さらないようにする為や、口を持った時の魚へのダメージ軽減、自分の手の傷予防にもあると良いアイテムです。先端を開いて、魚の口に挟んで使います。

まずは安価なもので良いですが、素敵なデザインのものも沢山あるので、好きなデザインのものを選びましょう。

アジやメバルなどは、トング状のものやハサミ状があると便利です。

Sponsored Link

場合によって必要になるもの。

網(タモ網・ランディングネット)

シーバス(スズキ)用のタモ。魚のサイズやスタイルに合わせて選ぼう。

 

大きいターゲットの魚や、足場の悪いところ、フェンス越しに釣りをする場面の多いシーバスフィッシングでは必須アイテムです。

アジやメバルなどの小型ターゲットやバスフィッシングでは使わない場合も多いのですが、管理釣り場のトラウトシッフィングではレギュレーション(釣り場のルール)によって必要な場合もあります。

ヘッドライト

夜釣りには必須!

夜に釣りを行う時に必要になります。ラインを結ぶときや、魚をキャッチする時。足元を照らして安全を確認する時など、使うシーンはとても多いです。

安物でも最初は良いので、持っていると便利です。

 

あると便利なもの。

ペットボトルハンガー

冬でも意外と喉が渇く!

陸っぱり(陸釣り)では沢山歩くため、思った以上に体力を使います。

ライフベストやベルトループ等に装着できるペットボトルハンガーがあると、飲み物の持ち運びに便利です。

スプリットリングオープナー

針を交換する際に大変便利です。

針の交換の仕方については、以下の記事を参考にどうぞ。

これだけでアッと驚くほどバラしが減る!絶対覚えよう!ルアーの針の交換方法とタイミング。

2019年9月5日

ピニオンリール,クリップオンリール

使いたい時にサッと取り出せる。

スプリットリングオープナー、ラインカッター、スナップなど、使用頻度の多い小物をサッと取り出すのにとても便利なアイテムです。手返しの良さが釣果を伸ばす手助けにもなります。持っておくと良いでしょう。

 

今から覚えておこう、道具の選び方!

 

 

ロッド・リール選びのポイント
まずは大手メーカー(シマノ・ダイワ)の物から。次のステップで他のメーカーも検討してみよう。

<ロッド>

今や比較的マイナーなメーカーでも比較的質の安定したロッドが販売されています。それは、ロッドはリールに比べ比較的簡単に作ることが出来ること、OEM体制が確立されていることにあります。

しかし、作成ノウハウやコストパフォーマンスを見ると、やはり大手メーカーのそれとは比較にならない物があるなと感じます。シマノやダイワなどから比較し、そのあと同価格帯の他のメーカーものから選んでみるといいかもしれません。

<リール>

リールにおいてはOEM体制があまり確立されておらず、選ぶメーカーも限られております。国内ではシマノ・ダイワ・アブガルシアというメーカーの物がラインナップされており、国内メーカーのシマノ・ダイワのもののシェア率が高いです。

ロッド・リール選びのQ&A

Q:とりあえず初めてだし、中古の道具でもいい?

A:あまりお勧め出来ません。

近年の道具の進化は目覚ましく、数年前の最高級のロッドとリール(5~6万円台~)より、中価格帯(2~3万円台)の道具のほうが性能面でも優れているものが多いのが現状です。

また、始めたばかりの方では判断できないような傷が致命傷となっている場合も多く、道具の見極めがある程度出来るようになってから中古品を手にするほうがよいでしょう。

Q:「できるだけ初心者のうちから良いものを選んだほうがいい」という意見と、「初心者のうちは安いものからでも良い」という意見、どっちが正しいの?

A:良いものを選ぶに越したことはありませんが、正直大きな性能差は感じません。

ロッドとリールに関しては正直、好きなデザインで選んでもいいと言うのが僕の見解です。

1万円台以下のロッド・リールと5~6万円以上のロッド・リールでは質感や精密さ・材料が全く違いますが、魚は釣れない事はありませんし、それよりも糸と針に気を配るべきだと僕は思います。

しかし、さすがに1万円以下のロッドやリールだと不安が残るという場合は、大手二大メーカー(シマノ・ダイワ)の2万円前後の中価格帯のものから好きなデザインのものを選ぶと間違いないでしょう。

 

ロッド・リールの選び方ポイントまとめ

・狙いたい魚に合わせたロッドとリールを選ぼう!

・道具選びは新品から!中古品はオススメしない。

・デザインで選んでOK!中価格帯から最高級品は、価格程の性能差がない。

<ルアー>

ルアー選びも、釣りの楽しさの一つですね。答えがないと言えばそれまでですが、基準がないと選べないですよね…

そこで、私が考えるルアー選びのポイントをまとめました。

流石にこの記事内では書ききれないので、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

<ライン・フック>

ここまで必要な道具を書いてきましたが、何よりも一番大切なのはラインとフックの選び方や取り扱い方です。

 

<その他>

大きくお金のかかるものや、選び方に慎重になるものはロッド・リール・ルアー・ライン・フックくらいのもので、あとの物は、好きなデザインで選んでも大きな差はないかと思います。

 

 

 

こだわりの道具で釣りたい!このルアーで釣りたい!と、道具に対する考え方はまさに釣り人ひとりひとり違います。

また、道具選びも釣りの楽しみの一つなので、このページを元に運命の道具に出会えることを祈っています!

 

ではまた!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です