釣果を左右する「潮」についての仕組みとその関連性を詳しく解説します.

こんにちは。Kazheyです。

釣り番組やYouTubeを見ていると、解説中に結構な頻度で出てくるキーワードがあります。

それが、”潮”

 

「大潮が釣れる。」「下げが入ってから連発した。」「潮の流れが速い。」

こんな事を良く言ってますね。

釣をはじめて間もない方でも、なんとなく潮の事を聞くこともあると思います。

 

でも、それが釣果にどう影響するのでしょうか。

そして、そもそも潮って?どんな仕組みで起きるのでしょうか。

 

 

特に、海や河川で釣りをするという方にはとても重要な考える要素となっております。

これを読み終わる頃には、潮について理解が深まり、きっとあなたの釣りもレベルアップする事でしょう。

今回は、その第一弾として、「潮とは何か」を解説していきます。

この記事を読んで分かる事
  • 潮の満ち引きの仕組みが分かる!
  • 潮回り(大潮小潮等)についての理解が深まる!
  • 潮回りと干満の周期が分かる!

【関連動画】

Sponcored Link

そもそも”潮”って何?

“潮(潮汐)=月や太陽による引力によって引き起こされる海水面の昇降”

こんなことがよくネットや書籍には書かれていますが、詳しく知ろうとすればするほど、その仕組みや関係性は複雑で、難しいものです。

ここでは僕たち釣り人にも出来るだけわかりやすく、そして釣り人目線で解説をしていこうと思います。

大潮、中潮、小潮、長潮、若潮って何?

 

皆さんは、潮干狩りに行った事はございますか?

遠浅の海岸でにぎわう潮干狩り

 

遠浅の砂浜でハマグリやマテ貝などを獲るアレです。

関東の一大潮干狩りポイントとして有名な千葉県の三番瀬。

楽しく潮干狩りをしていると、いつの間にか海水面が上昇してきて膝まで浸かってしまった…

こんな事があります。

それは、月や太陽の引力によって海水面が引っ張られて引き起こされる為です。

その中でも

1日の中でも一番海水面が低い状態を干潮(かんちょう)。

1日の中でも一番海水面が高い状態を満潮(まんちょう)。

と言います。

そして、

 

この干満の差が最も大きい周期(日)を大潮、最も小さい周期を小潮と言います。

その間に、干満の差が中くらいの中潮、周期が長く、ゆったり潮位が変わる長潮、潮位の差が開き始める若潮という周期がございます。

潮汐の種類 潮位の状態
大潮 干満の差が最も大きい。
中潮 干満の差は中くらい。
小潮 干満の差が最も小さい。
長潮 干満の周期が長く、ゆったり潮位が変わる。
若潮 潮位の差が大きくなり始める。

この周期を、およそ30日間の間に1周して、1日の間におよそ12時間かけて干満を繰り返します。

 

干満差の違いは、月と太陽の位置によって決まる。

 

では、なぜこのような周期を繰り返すのでしょうか。

それは、月と太陽の位置が深く関係するのです。

まずは、こちらのイラストをご覧ください。

下図は、大潮周期の太陽と月の位置を表した図です。

太陽と月が一直線に重なり、最も引力の影響を受けるので、干満の差は最も大きくなります。

それが、新月と満月の日です。

では、逆に小潮周期の太陽と月の位置はどういうものでしょうか。

このように、太陽と月が垂直に位置し、お互いの引力が打ち消し合って干満の差は小さくなるのです。

そして、それぞれの潮汐と太陽-月の位置関係はこのようになっています。

ここでは便宜上、中潮を大潮の前後で前中潮、後中潮と表現しています。

 

このように、30日周期で潮回りの変化が生まれるのです。

 

この図を見てわかるように、「月の見え方」と「潮汐」はとても深く関係しているので、月を見ると大体の潮回りを予測することができるのです。

 

釣り人なら必携!潮汐表の見かたを解説します。

 

「今日は大潮か」「今日は小潮だから潮があまり動かないな…」という事を把握することはとても大切な事です。

しかし、それよりも、もっと把握することが必要な事があります。

それが、干潮の時間や満潮の時間を把握する事。

この、1日の中で干潮と満潮の時間が詳しく載っているのが「潮汐表(ちょうせきひょう)」や「潮見表(しおみひょう)」もしくは「タイドグラフ」と呼ばれるものです。

今は釣具屋さんやアプリでも手に入れることが出来ますので、実際のタイドグラフを見ながら解説をしていきましょう。

参照:潮見表アプリ「タイドグラフBI」

7月18日、品川区天王洲付近の潮汐表

 

この日は月齢15.3日。満月の日です。

波線は干満の動きを表し、縦の値は潮位、横の値は時間を表しています。

この表を見ると、早朝5時9分に満潮になり、昼12時に干潮、そして19時には再び満潮になるというサイクルです。

これを、月と太陽の位置に当てはめるとこんな感じです。

月が真上にある時が満潮になるわけではない!

 

勘のいい方はこんな事を思うかもしれません。

「太陽と月が一直線の時に引力が最大になるなら、月が真上にある時が満潮なんじゃないの?」

ところが、どうやらそんな単純な話ではないようです。

 

実は、月の位置と満潮・干潮の時間はあまり関係ありません。

その理由は以下の通りです。

月の位置と干満の時間に差が生まれる理由

❶地球の自転による遠心力でズレが生じる為

❷地形や地域によって干満の差も違う為

❸潮回りによっても干満の間隔も変わる為

 

このような理由により、月の位置と干満の時間にはズレが生じてしまいます。

 

特に地域による差はとても大きい為、自分が釣りに行く場所の一番近い潮汐表を見る事が大切です。

 

そして、この潮見表(タイドグラフ)を、どのように釣りに生かすことができるのか。

狙う魚やシチュエーションによってどのように見分けていけばいいのか。

その話は、Part2でしていきます。

Sponsored Link

まとめ

今日の話を箇条書きにまとめると…

 

  • 潮の満ち引きは、月と太陽の引力によって生まれる
  • 引力の影響が最も大きい周期を大潮、最も小さい周期を小潮。その間に中潮、長潮、若潮がある
  • 潮汐の周期は30日。干満の周期は12時間間隔で起こる。
  • 干満の時間は地域差があり、自分が釣りをする最も近いエリアのタイドグラフを見ることが重要

 

分からない事や質問がございましたらジャンジャンコメント欄にお書き下さい!

では、良い釣りを!!!!

潮と釣りの切っても切れない関係性!潮汐表の生かし方とターゲット別の攻略法を解説!

2019年8月16日
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です