今年は当たり年!新潟東港のサゴシキャスティングが超面白い!

こんにちは!Kazheyです!

毎年恒例になりました早春の新潟東港サゴシキャスティング!

ご当地系の釣りですが、都内や関東近郊でも日帰りで通える距離なので、年々チャレンジする方は増加傾向にあります。

 

そんな新潟東港サゴシキャスティング。今回はその魅力をたっぷりご紹介したいと思います!

この記事を読んで分かる事

・サゴシキャスティングの面白さがわかる!

・サゴシキャスティングに必要な道具がわかる!

・サゴシキャスティングの釣り方が分かる!

では、いってみましょ~~~!

 

Sponcored Link

新潟東港サゴシキャスティングの魅力!

すっかりハマってしまい、毎年恒例になったサゴシキャスティング。

それまでずっと僕はバスメインで釣りをしていたんですが、これを機にソルトアングラーに転身してしまいました。

それほどのサゴシキャスティングの魅力を、まずはご紹介したいと思います。

その①圧倒的に釣れる!

今年で4年目、6回目となり、釣った数は200本を超えます。

なので、1回平均30本以上ですかね。

「えぇ~そんなに釣れるの!?」

と思う方もいるかもしれないので、一応その様子を貼っておきます。

そのワケは、「新潟東港」という、タンカーが停泊できるほどの大型の港に加え、火力発電所による温排水が大量に流れ出ているからなんです。

赤丸が火力発電所による温排水。3本流れているのが分かる。

メインとなるポイントは、その温排水付近。

シーズンになると、無数のサゴシが暖かい水と小魚を求めて集まってくるのです。

さらに、ご覧の通り入り口が狭く港内は広い構造になっているので、魚をストックさせておくことが可能な地形。

いわば、港そのものが「天然の生け簀」状態になるんです。

 

そりゃぁ釣れますよね~~~!

 

その②目の前まで追ってくるエキサイティング性

新潟東港は、深くても10m前後の水深。

後述のルアーで水面から1m前後で食わせる釣りです。

それに加え、魚影の濃さもあって船の目の前でもお構いなしにルアーを襲ってきます!

船べりでガツン!と来ることも珍しくないので、最後まで気を抜けません!

その③何度でも食ってくる獰猛性!

例え1度や2度、針から外れても再び食ってきます。

時合いになると1キャスト1ヒットどころか、1キャスト3ヒット4ヒットとなることもあります。

初めてのオフショアでも爆釣!

 

それは、群れでエサを狩りのように捕食するサゴシの習性のようなもので、その獰猛さもサゴシキャスティングの魅力の一つです。

その④豪快なアタリとその食味

また、その鋭い歯でかじるような「ガツン!」と来るバイトは、その瞬間一気にアドレナリンが出ます!

フッキングが決まった瞬間勢いよく走り、最後まで楽しませてもらえます^^

そして、何よりも美味い!

刺身はもちろん、漬け、西京焼き、干物にと、どんな料理にも合うので、沢山釣っても飽きずに食べることが出来ます。

流用可能!サゴシキャスティングのタックル

特別なタックルは必要なのか!?といった心配は無用です。

サゴシキャスティングはこのようなタックルで充分に遊ぶことが出来ますので、オフショアに慣れていない方でもすぐに楽しめます。

ロッドはバスやボートシーバス用のものが流用可能で、リールもそれに準じて使うことが出来ます。

ただし、リーダーの先に結ぶバイトリーダー(フロロの60LB程度)は切られ防止にとても重要です。忘れずにご用意ください!

 

60LBでも、20匹を超えるとこうなる。こまめにチェックを。

こちらでまとめて入手できます!

アブガルシア(Abu Garcia) ソルティーステージ KR-X ボートシーバス SBS-632ML-KR 1270775
【12月15日エントリーで最大P49倍!】シマノ エクスセンス CI4+ 3000MHG
YGKよつあみ リアルスポーツ G-soul X8 アップグレード 200m 1号/22lb

 

Sponsored Link

開幕したら早めが吉!シーズン

サゴシは、サワラ(鰆)の若魚。

名前の通り、春を告げる魚として有名です。

しかし、昨今の温暖化の影響からか、年々早まっている傾向にあります。

今年は2月頭から釣れ始め、通年であれば4月いっぱいまで楽しむことができます。

しかし、これはサゴシに限ったことではありませんが、各船宿さんのHPに開幕の情報が入り、まとまった釣果が出ましたら、極力早めに予約する事をお勧めします。

平均して3月頭がベストシーズンと言えるでしょう。

これで盤石!釣り方

ルアーやアクションなど、釣り方には少しコツがいりますので、こちらで解説していきます。

ルアーは現地調達がオススメ!

【ジャークベイト】

どうやらリアル系・ナチュラル系のものに反応が弱く、チャートパール系や赤金など、派手なカラーでの釣果が多いです。

特に現地の釣具店「鈴木釣具店」で販売されている新潟東港オリジナルカラーが最強です。

鈴木釣具店。サゴシキャスティングに強い品ぞろえ。

早朝からオープンしているので、出航前に揃えて見て下さい!

【ワインド系】

ジャークベイトに反応が薄い、見切られてしまうなどの場合は、ワインド系のルアーが強いことも多いです。

カラーはやはり派手系です。

【ジグ】

その他、30~40g前後の派手めなジグも有効な場合があります。メーカーは問いませんが、やはり派手めなものが効くようです。

 

定番のジグパラ。

 

アクションは基本的にはジャーキングとワインド!

ここがサゴシキャスティングの醍醐味!キャストしたらひたすらジャーキングです!

手が疲れたり、皮がむけるのでフィッシンググローブは必須です!

【ジャーキング:解説

【ワインド:解説】

ここから出船!代表的な遊漁船

年々賑わいを見せる新潟東港。

さまざまな遊漁船が出ていますが、ここでは代表的な船宿さんを3か所、ご紹介します。

鯛紅丸

毎度お世話になっている鯛紅丸さん。初心者にも優しく、時に豪快にいつもベストなポイントを通してくれます。

鯛紅丸HP

ひな丸

サゴシキャスティングはもちろん、テンヤ真鯛、ブリジギングなど旬の釣り物を案内しています。

ひな丸HP

 

Japan Sea

メディアでの露出が多いので、比較的有名なjapan seaさん。港内はもちろん、粟島付近まで幅広く出船しています。

JapanSeaHP

どの船も港内は7000円で出船していますので、お財布にも優しいですね^^

 

まとめ

ますます賑わいを見せている新潟東港サゴシキャスティングゲーム。

初心者からベテランアングラーまで楽しめて、文字通りの爆釣を体験できます!

また、港内なので船の揺れも小さく、オフショアデビューにも向いています!

ぜひ、このページを参考にして、思いっきり楽しんでください!

お知らせ

MemorialfishのYouTubeチャンネルでは、日々の釣行や初心者さんに役に立つ解説動画などを更新中!

SNSではリアルなKazheyの発言や更新情報、釣果情報などをリアルタイムで発信しています!

是非登録&フォローをお願いします!

@kazhey_bass@memorialfish_insta

※Memorial Fishからのお願い。

現在、日本各地の釣り場がどんどん減っています。 その原因は、釣り人によるゴミのポイ捨て、違法駐車、立入禁止区域の無断侵入といったマナーの悪化が原因です。 これから釣りを始められる方は、以下の事を守って楽しく釣りをしていきましょう。

  • ゴミは必ず持ち帰って家で処分する。
  • 迷惑な路上駐車は避け、地元住民の迷惑とならないようにする。
  • 立ち位置禁止・釣り禁止の区域にには絶対に立ち入らない。

これ以上釣り場を減らさない為には、僕やあなたを含むひとりひとりの小さな心遣いの積み重ねが必要です。 どうが、最低限以上のことをよろしくお願い致します。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です