沼津のサーフで狙えるシイラが最高に楽しいので、すっかりハマってしまった話。

こんにちは。Kazheyです。

5月末から6月にかけては忙しい!

あれもこれもシーズンインで身体が嬉しい悲鳴を上げています!

そんな中、またもや僕の身体に悲鳴を上げてくれる最高に楽しいターゲットが存在していました!

それが、シイラ!

話によると、今年は例年より2週間ほど早くシイラが回遊してきたらしく、まだフレッシュな魚がいるので狙うのは早い方がいいとのことで、中禅寺湖の予定を急遽変更し、沼津に吹っ飛んでいきました。

Sponcored Link

トップに出る豪快なバイトは病みつきに!行くなら早いうちに…

5月31日。

僕にとって初挑戦のショア(陸)からのシイラゲーム。

残念な事に、専用のタックルを持っていなかった為、オフショア(船)用の短いシイラタックルで挑むことにになりました。

それと、念のためにといつもシーバスで使っているロッドをもって早速深夜から出発…

ポイントも何も分からないので、とりあえダイビングでも有名な大瀬崎へ。

大瀬崎は、エリア全体が「大瀬神社」という神社のようで、釣り客は神社で100円の奉納を。

入り口にお賽銭入れがあります。

神社入り口にあるお賽銭入れに100円の奉納を。

 

詳しい友人に駐車場の位置を教えてもらって、灯台エリアから釣行開始!

幸い海は穏やかで絶好のシイラ日和!

移動先がまさかの好ポイント!その後のバイトラッシュに…

しかし、なんとな~~くイワシらしき魚はいるものの、肝心なシイラが見当たらない…

周りもヒットしないので、偵察も兼ねてポイントを変えることに。

駐車場に戻る途中、ふと目に飛び込んできたモノが…

 

そこには、シイラを持ったアングラーが!

僕「こんにちは~!いいシイラですね!」

ア「隣の人は朝イチで4本くらい掛けてましたよ!」

僕「マジですか!?」

そんなやりとりをして、移動をしようかと思いましたが、迷わずこの場にとどまる事を決めました。

しかし、よく見たらシイラを持っていたアングラーさんの付近にはおびただしいほどのイワシの量…

 

シイラ=潮通しの良いエリア

 

と、勝手に頭の中で考えていて、肝心なベイトの湧くエリアの事を忘れていました。

 

そこで、ちょっと散策してイワシが湧くエリアを発見!

たまたまシーバスタックルに結んでいた24gのジグを投げて一投目…

 

「ドン!ギィィィィィ~~~!」

いきなり80cmオーバーの良型シイラがヒット!

 

しかし、非力なシーバスタックルでは成す術なく、完全にノされてしまい3回目のジャンプであえなくフックオフ…

放心状態になっている暇はなく、すかさずオフショアシイラタックに持ち替え、TDソルトペンシルを投げて一投目…

「ガボッ!!!!」

水面を割って激しいシイラのバイトが!!

すかさず合わせて、激しいテイルウォーク!

 

これぞシイラという感じのファイトで上がってきたのは80cm前後の良型シイラ。

<ヒットルアー>

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥1,980 (2021/06/14 11:42:54時点 Amazon調べ-詳細)

心臓もバクバクで、そのまま再びキャスト。

 

すると息つく間もなく再びバイト!

が、しかしあえなくフックオフ。

ルアーローテションが釣果UPのカギ!

 

数投で反応がなくなり、ならばとサイズを変え、ダイワのオーバーゼア80に変えて表層早引きのスキッピングを。

すると再びバイトラッシュ!

<ヒットルアー>

この調子で、バイトが遠のいたら他のシイラ用ハードルアーで手を変え品を変え…

<ヒットルアー>

created by Rinker
HALCYON SYSTEM(ハルシオンシステム)
¥2,530 (2021/06/14 11:42:55時点 Amazon調べ-詳細)

移動したのが午前7時。午前9時までに10ヒット4ゲットという釣果を上げることができました。

全てジグではなくてオフショア用のハードプラグです。

ジグミノーやシンペンなどを遠投してスキッピングが最強でした。

そして、意外なのがクリア系のルアーに反応がよく、何度もアタックしてきました。

その後、イワシの群れは沖に出て行ってしまい、反応も薄れてきた&満足したので早めに切り上げる事にしました。

Sponsored Link

ショアシイラ、攻略の糸口

この釣りにすっかり味を占めてしまい、数回の釣行で掴んだことをまとめてみます。

その①:シーズンイン直後がフレッシュな良型シイラに出逢えるチャンス!

 

他の青物に共通していえる事ですが、やっぱりシーズンイン直後がフレッシュな良型シイラに出逢えるチャンスが多いです。

時合いも比較的長く、2,3匹が奪うようにルアーを襲ってくる姿を見ることが出来ます。

その②:晴天であれば言う事なし!雨はちょっと深場を狙えるジグが良い。

この日は微風の晴天。

まだ梅雨入りしていないこともあり、雨の影響は皆無。トップウォーターの反応が最も良い状態で釣りが出来ました。

しかし、風が吹いたり、雨が降ってしまうと表層に積極的に出ることが少なくなるので、30~60g前後のジグを沈めて狙うと良いです。

その③やっぱりイワシは正義!ボイルが無くても周辺で捕食のタイミングを待っている。

 

面白かったのが、特に激しいボイルをしているわけでもなく、イワシが水面を群れで泳いでいるだけでしたが、ルアーを投げ込んだ瞬間にヒットしたこと。

そして、ヒットした瞬間に激しいボイルが起きました。

潮通し云々、時合い云々言う前に、やっぱりイワシがキャストで届く範囲にいればルアーを投げ込んでみる事が釣果に繋がりました!

その④:偏りなくルアー、ジグを揃える事が大事!

その時反応が物凄く良くても、数投で見切って食わなくなってしまう事が多々ある為、ジグのカラーバリエーション、ルアーの大きさやカラーなどのバリエーションは多い方がいいと感じました。

「これしか食わない!」という状態はあまりなく、とにかく投げられるルアーであれば、あるだけ持っていくといいかなと思います。

 

6月11日は、動画も撮影してきたので、その様子はまた後日…

ではまた!良い釣りを!

 

参照:タックルデータ

ロッド:PALMS SeaRapture76ML

リール:エクセラー 3012H

ライン:SHIMANO PITBULL8 2号

リーダー:DAIWA SALTIGAリーダー タイプF(フロロ)30LB

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥11,902 (2021/06/14 11:42:57時点 Amazon調べ-詳細)
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です